atooshi

News

Award : 受賞・入選したデザイン事例、著書のランキング。
Release : 執筆・出版したデザイン書籍、新規のコンテンツ。
・ Event : 出演・登壇・企画するイベント、お知らせと報告。
Media : 制作事例が掲載された書籍・雑誌、出演メディア。

---


アトオシによる、「ロゴマーク・ブランディング・グラフィックデザイン」制作事例が、右記リンク ▶ PDF からご覧になれます。▶ 「ロゴデザイン一覧」はこちら

「開業・開店・起業、新規ブランド立ち上げ」などの際、「ロゴマーク・ブランディング・グラフィックデザインの方向性・イメージのご参考」に、本作品集を閲覧いただけると幸いです。

---

アトオシのクライアントさま・デザイン事例のご紹介記事、「▶ クライアントの声、ロゴと想いのストーリー。 (note)」を公開中です。

“個の人”の「こうなったらいいな」を形にする。目的達成の後押しとなる。デザイン依頼やご相談前の参考に、お読みいただけると幸いです。

---

■ 「お問い合わせ前」のご確認について、

・ ロゴデザイン・ブランディング依頼 : 「納品までの流れ / よくある質問 Q&A・確認事項 (note)

・ メディア出演・デザイン授業依頼 : 「実施までの流れよくある質問 Q&A・確認事項 (note)

・ その他、お問い合わせ : 「よくある質問 Q&A・確認事項 (note)

…をご一読の上、こちらのフォームより、お気軽にお声かけくださいませ。どうぞ、よろしくお願いいたします。

* 私の“名前表記”について、講師・著書・SNSでの愛称は、「アトオシとデザイン」。デザイン仕事・クライアントワークでは、「アトオシ(永井弘人)」と表記しています。

ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

集英社のメディアサイト、「集英社オンライン」ロゴタイプをデザインしました。

エンタメ&カルチャー情報。総合出版社だからできる、新時代オンラインメディア。社会も暮らしも教養も、わかりやすくおもしろく届ける。

“シンプル・普遍的”な形状を軸に、 「あたらしい毎日」 への姿勢を感じる“キレ・エッジ感”。てきどに心地よい。整えすぎずに、整える。そのバランスを表現しました。

---

■ 集英社オンライン
https://shueisha.online/

よろしければ、ぜひご覧いただけると幸いです。デザイン事例ページはコチラです。何卒、よろしくお願いいたします。

---
ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

2022年5月12日(木)20:00 より、Adobe「Creative Cloud 道場」に、アトオシがライブ出演します。

・ 無料でだれでも、かんたんデザイン
・「Adobe Express」コツと使いかた

…ノンデザイナー〜プロも活用できる、無料デザインのアプリ。

つくりかた、すべての手順と裏技。アトオシが生配信で新提案します。

YouTubeライブでの出演です。興味がある方は、ぜひご参加いただけると幸いです!

---

(追記 : 2022年5月12日(木)22:00)
Adobe「CC道場」、出演させていただきました。アーカイブ動画はコチラです。

---

ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

アトオシが先生をつとめる、アドビのデザイン講座。とてもありがたいことに、3年目にはいりました。レギュラー先生として36回目。

そしてなんと…スタジオ収録がふっかつしました!

参加いただくみなさま、ステキな環境のマリモレコーズさん、最高のデザイン製品をつくるアドビさんに…心より感謝いたします。
 
より熱量あげて、デザインを“おもしろく&わかりやすく”伝えます。
 
改めて、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

---
 
■ アドビのデザイン講座 : アトオシの再生リスト
 
・ デザインソフト制作会社 : Adobe アドビ
・ 講座収録の撮影会社 : マリモレコーズ


---

ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

デザインソフト制作会社 アドビ様よりインタビューいただいた、アトオシの取材記事が公開されました。「グラフィックデザイナーのすべて」がわかる記事となっております。

■ グラフィックデザイナーになるには? 仕事内容と必要なソフト、スキルなど
https://adobe.ly/3KYshlM

---

グラフィックデザイナーの…

・ しごとの種類は?
・ 報酬はどうきまる?
・ はいるべき学校&会社は?
・ ひつようなソフト&スキルは?
・ ポートフォリオのポイントは?
・ 求人のさがしかたは? 
…がわかります

ご興味ある方は、ぜひお読みいただけると幸いです。

---

ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

エンターテインメントの芸能スクール、卒業生代表として公式サイトに、アトオシを掲載いただきました。

---

お笑い芸人養成所 “ワタナベコメディスクール”の卒業後、「芸人以外の道で活躍している先輩」として、アトオシを取り上げていただきました。

“エンタメの学び”をいかす、多岐にわたる業界。映画監督、女子プロレスラー、放送作家…そして、グラフィックデザイナー。

■ “デザイナーではない人”にデザインを伝える。
■ デザインを伝えることを“エンタメ化”する。

…この2点が、わたしのモットー&ミッションです。

---

じぶんの発信をコツコツつづけることで、“世の人のデザインに対する意識”“よりよくかわる”と本気で信じています。

よりたのしく、よりおもしろく。良質なデザインコンテンツを引き続き。いつも本当にありがとうございます。

ご紹介と掲載をいただいたWCS教務の桑原さん、WCS広報の方々に、心より感謝いたします!!

---

・ ワタナベエデュケーショングループ 卒業生
https://www.we-school.net/student/

・ ワタナベコメディスクール WCS
https://www.we-school.net/wcs/

・ アトオシとデザイン プロフィール・SNS
https://lit.link/atooshi

---

ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

「Amazonランキング『1位』」を獲得した著書、「Amazon Prime Reading」に選ばれました。
 
「デザイン思考」を「日本一、わかりやすく」知れる本です。プライム会員の方は、今だけ無料で読むことができます。
 
・ 「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」
https://amzn.to/2yXvKS7
 
・ 収録 : クライアントさんとの背景話、デザイン制作にやくだつ話、デザイナー日常の雑文、クリエイターの出世術など
 
---
 
今後もコツコツ、世と人にデザインを伝えていきます。日頃の感謝を、形にかえていきます。
 
いつも本当にありがとうございます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
 
ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

エプソン主催のデザイン講座、「いいポスターデザインのコツと秘密。Adobe Illustrator、人の行動につながる爆速手順!」にアトオシが登壇します。

---

■ 講座概要

・ 人の行動につながる、デザインのコツを知りたい…。
・Adobe Illustrator、もっとスピーディに作業効率を上げたい…。
・ ポスター印刷、いい色の再現やプリント速度を上げたい…。
・ 目にとまる、ポスターデザインのつくりかたを教えてほしい…。

…そんなお悩みやご希望はありませんか?

本講座では、小売・流通業や飲食業など、お店や現場でリアルに役立つ「ポスターデザイン・Adobe Illustrator」の「手順・コツ・考えかた」をご紹介します。

「人の行動につながる」、いいポスターづくりや色味の再現。Adobe Illustratorの作業効率アップや時短をもとめる方に、オススメのデザイン講座です。

---

■ 講座日時・申込URL

・ 講座日時 : 2022年1月28日(金)15:00〜16:00
・ 参加費 : 参加無料
・ 申込URL : https://bit.ly/3tJhG8E

---

みなさまにお会いできること、とても楽しみにしています。どうぞ、よろしくお願いいたします!

ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

ラジオNIKKEI「槙野智章のユメシャベル」にアトオシが出演しました。

・ どんな「キャリア」で、グラフィックデザイナーになれるの?
・ グラフィックデザイナーは、「専門知識」がなくてもOK?
・ グラフィックデザイン仕事「インスピレーション」はどこでうける?
・ グラフィックデザイン仕事の「やりがい」は、どんなところにある?

…など、お話ししました。

---
また、番組内での白熱トークに好評をいただき、「ラジコニュース」記事にて、話した内容をとりあげていただきました。

◎ 記事名 : サッカー選手槙野とグラフィックデザイナー アトオシとデザインが仕事を語る! 「人に喜んでもらえることが大事」
https://news.radiko.jp/article/station/RN1/62050/

---
---

この番組でガガガSPさんの「言葉」を選曲しました。

“グラフィックデザイン”という言葉をしらない学生時代。さきのみえない未来にもがく日々。歌詞の“君”は、めのまえの“あなた”。

この時に出会った、数々の言葉があり…デザインを続けてこれました。これからも、もがきます。

---
「言葉」があって、はじめて「デザイン」が成り立ちます。

いままでおきた、変えられないこと。これから、自分次第で変えられること。キラキラのおもいで。どろどろした感情。

すべてを力に。すべての出会いに…感謝!!

---
---
勢いある槙野選手と進行の古野さんから、“はじめて、くわれたかも…”といわれた、深掘りと熱風のデザイントーク…ぜひ!

◎ 公式ポッドキャスト→ https://spoti.fi/3J02xVG

---
ディレクター / グラフィックデザイナー

アトオシ(永井弘人)

NFTデザインのブランド、「Tokyo Typography」 東京タイポグラフィ) をスタートしました。

---

■ 「Tokyo Typography / 東京タイポグラフィ」とは?

“東京”っぽさを感じるタイポグラフィ。日本語のひらがな・カタカナ・漢字。

これは、「NFTデザインのブランド」。随時、ブランドのアイテム作品を追加予定。

制作者は、“東京”で生まれ育った、グラフィックデザイナー「アトオシとデザイン」。

日本タイポグラフィ協会 正会員。アドビ講師。グッドデザイン賞受賞。

---

■ 「Tokyo Typography / 東京タイポグラフィ」リンク

・ OpenSea オープンシーブランドのアイテム一覧
・ Tokyo Typography、インスタグラム
・ Tokyo Typography、ツイッター
ブランド詳細とSNSリンク一覧

---

■ 「YouTube:デザイナーは、NFTアートをやるべき?」動画を公開しています。
 

YouTubeライブ等にて質問の多かった、「デザイナーは、NFTアートをやるべきか?」という内容に、現在の私見をお話しました。

個のブランドイメージ向上につながる
自身が“本当にいい”と感じる作品をつくる
クライアント仕事へ、よりよい影響がある
出品作品・コレクションに、意図と文脈がある

…という、“複数理由”があれば、“やる価値”はあると考えています。

自身が“本当にいい”と感じる作品制作を軸に、デザイナーとしての「ブランドイメージを向上・加速させる立ち位置」として、「NFT」を捉えるといいのではないでしょうか!

---

ちなみに、自分の出品アイテムは、“NFTアート”ではなく、「NFT Design Brand (NFTデザインのブランド)と名付けています。

「NFT」をとおした「制作活動・作品発信」が、「それを見る方々とデザイナー自身に、よりよい影響をおよぼす = デザイン」と考えているからです。

---

“NFT販売”とあわせ、今後、ステッカー・缶バッジなど、より多くの方が手にいれやすい“グッズ展開”も考えています。

よろしければ、ぜひSNSのフォロー、または、ご購入いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

---
ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)

ラジオNIKKEI、たのしく“キャリア”を考える番組「シューカツHANGOUT!」に出演しました。

・ 前編 : グラフィックデザイナーになったきっかけ
・ 後編 : デザイン思考、フリーランスのはたらきかた

“就職活動や転職のヒント”になる話しをしました。こちら、ラジオ収録についての補足です。

---
私は2019年〜2020年に芸人の養成所、ワタナベコメディスクール(以下、WCS)
に通いました。

目的は、「デザインを伝えることを“エンタメ化”」するため。(私のモットーは、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える。」 詳細note

デザインの考えかた・コツを「わかりやすく・おもしろく」知っていただく。生活〜趣味〜仕事にいかし、より“元気な循環”をつくる。本意です。

養成所にて学んだ、プロの芸人の“姿勢・意識”をグラフィックデザイナーと重ね、モットーをより具体的なカタチにするため、現在進行系で一歩ずつ進んでいます。

---

この 「シューカツHANGOUT!」 は、

・ 11期 : 石井てる美さん
・ 17期 : 番組ディレクターさん
・ 24期 : Gパンパンダさん
・ 30期 : アトオシとデザイン

…という、“全員WCS卒業生”にてお話ししました。

本校の先輩であり、現役の芸人さんとラリートークできる、本当に貴重でありがたい時間でした。

在学中も卒業後もお世話になり続けている、WCS教務の桑原貞雄さんにも、改めて、心より感謝いたします。

---
“業界外だからこそ”、学べることはたくさんあります。どんな仕事や職種に対しても、リスペクトする。

これからの時代は、「接する相手を、前むきに理解する心」「本心で、興味あることのかけ算」→「人から求められる独自性」が鍵になると考えています。

「デザインを伝えることを“エンタメ化”」する。真面目にふざける。

すべての学びと出会いに……感謝!!!!!

---
ディレクター / グラフィックデザイナー

アトオシ(永井弘人)

 
アトオシ、2021年11月11日で10周年をむかえました。
 
いまいちど……アトオシの理念
 
---
人が思う、こうなったらいいな、をデザインする。
 
デザインをもっと身近に感じていただき、貢献し、人とのつながりも映し出す。
 
これからも、そんな存在であり続けます。
 
---
■ 「YouTubeライブ:アトオシ 10周年版」、アーカイブ動画を公開しました。
 
・ 10周年をむかえる瞬間
・ 独立した理由、名前の由来
・ グラフィックデザイン仕事の振りかえり
・ 今後の展望とビジョン
 
……など、すべてチャプター済みです。
 
よろしければ、ぜひご覧いただけると幸いです。

---
いつも本当にありがとうございます。
 
改めて、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 
---

ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシ(永井弘人)